エンタメVIP速報

芸能関係のエンタメ情報や国内・国外問わず最近起きたニュース、イベントやその日にあった日常のちょっとした事など、なんでも発信していくので、新聞の代わりに見て楽しんで下さい\(^o^)/
後たまに、、、予測不可能な記事も、、、

    カテゴリ:芸能関連 > 小説家

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    アルベールカミュ(Albert Camus、フランス語: [albɛʁ kamy] ( 音声ファイル)、1913年11月7日 - 1960年1月4日)は、フランスの小説家、劇作家、哲学者。フランス領アルジェリア出身。第二次世界大戦中に刊行された小説『異邦人』、エッセイ『シーシュポスの神話』などで「
    30キロバイト (3,794 語) - 2020年7月8日 (水) 05:57



    (出典 pds.exblog.jp)


    買おかな、、、

    1 影のたけし軍団 ★ :2020/07/13(月) 08:22:22 ID:wYJUc56S9.net

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、感染症と闘った人々の生きざまを描いたアルベール・カミュの名著『ペスト』が
    世界中でベストセラーとなっています。日本では、今年2月からの販売数だけで、ここ70年の販売数を超えてしまったといいます。

    国内の新規感染者数が再び増加している今だからこそ、私たちが『ペスト』から学ぶべきことは何なのか。
    『マンガ&あらすじでつかむ! 60分でわかる カミュの「ペスト」』の著者である、哲学者の大竹稽氏が解説します。

    私たちの日常に侵入してきた新型コロナウイルス。この強力なウイルスによって、私たちの生活は一変しました。
    今や、ウィズコロナの生活が課されています。

    そんなコロナ禍の最中に、『ペスト』が世界中で希求された理由。それは、われわれのあり方の1つを指し示していることにあるでしょう。

    『ペスト』は、次のような一文で締めくくられます。
    「ペスト菌は決して消滅することはない。何十年も待ち続け、再び人間に不幸と教訓をもたらすためにネズミたちを呼び起こし、幸福な街を襲うだろう」

    「ウィズペスト」の世界を示唆していたのです。しかし、今やペストによる死亡率は、医学の進歩によって大きく減少。
    人類は「ウィズペスト」を忘れていきました。

    新型コロナの感染拡大によって、初めてペストについて知った人も多いでしょう。
    ペストの不幸は、人類とはもはや無縁のものになってしまったようです。

    では、「ウィズコロナ」はどうでしょう? またもや人類は忘れてしまうのでしょうか。

    カミュは、『ペスト』の主人公リウーを借りて、こんなメッセージを残しています。
    「医師リウーはこの物語を書く決心をした。語らぬ人の仲間にならないために」

    「語らぬ人」とは、ペストの災厄を忘れてしまう人たちのことです。どれほど大きな出来事であっても、人間の記憶は薄れていくもの。
    これをカミュは「人間の罪であり人間の強みでもある」と表現しています。

    人間には、このような両面があるのです。人間とはまったき強者でもなく、まったき罪人でもない。
    記憶もつねに不完全。だからこそ、忘却にあらがうという自由な選択が生まれます。
    https://toyokeizai.net/articles/-/362259


    【ペストに学ぶコロナ第2波を防ぐ方法とは?→こちらw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 - 1996年(平成8年)9月29日)は、日本の小説家。随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。 父親の仕事の都合で幼少時代を満洲で過ごした。帰国後の12歳の時に伯母の影響でカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科入学、在学中同
    89キロバイト (13,848 語) - 2020年4月27日 (月) 06:42



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    なるほど、、、

    1 吾輩は名無しである :2011/10/14(金) 01:56:54.95 .net

    語りましょう


    【遠藤周作の未発表小説「影に対して」発見 死去後初めて 長崎】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    最果 タヒ(さいはて たひ、1986年 - )は、日本の詩人、小説家。女性。兵庫県神戸市生まれ。 中学生のときからブログで文章を書き始める。書いていた文章に対して読者から「これは詩として発表できるのでは」と言われ、詩の雑誌への投稿を勧められるようになる。 2005年、『現代詩手帖』2月号の新人作品
    14キロバイト (1,923 語) - 2020年2月4日 (火) 02:22



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    星   最果タヒ

    (出典 Youtube)


    おお!
    行きたい!

    【【速報】最果タヒが6月から関西初個展!】の続きを読む

    このページのトップヘ